【朗報】マンホールトイレ、九州で整備進む…熊本地震で効果、国も補助

すご

1: dummy ★ 2017/06/22(木) 10:07:31.75 _USER9.net

 地震などの大規模災害に備え「マンホールトイレ」を整備する動きが九州の自治体でも広がっている。

マンホールのふたを外して簡易便器を置けば下水管に直接流せる仕組みで、くみ取り式の仮設トイレより衛生的な上、簡単に設置できるのが利点だ。広範囲に断水した昨年の熊本地震でも効果を発揮しており、国土交通省は自治体への補助制度を通じ、普及を促している。

 6月上旬、福岡市早良区の公民館であった自主防災研修会。5人のお年寄りが直径約30センチのマンホールに簡易トイレを据え付けた。作業はわずか10分。民生委員会長の園田公代さん(63)は「万が一に備え、組み立て方を知っておくだけで安心」と話した。

続きは以下ソース
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto_earthqueake/article/337291

128: 名無しさん@1周年 2017/06/22(木) 11:23:54.95
落ちそうで怖いな

12: 名無しさん@1周年 2017/06/22(木) 10:13:07.46
用を足した後にマンホールに落ちるまでがデフォ

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498093651/


続きを読む

Source: girlsvip-matome.com

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA