【考察】暴行で中2から寝たきり、約2億円で川越市と和解へ

裁判

1: ティータイム ★ 2017/06/28(水) 23:05:35.72 _USER9.net

埼玉県川越市の市立中学校在籍時にいじめを受けていた男性(20)が、2年生だった2012年1月、同学年の少年3人による暴行で寝たきりの状態になったとして、市などを相手取り損害賠償を求めた訴訟で、市は和解金約1億9740万円の支払いを決め、和解に関する議案を28日の市議会定例会に提出した。

暴行事件後、男性側は計約3億9000万円の損害賠償を求めてさいたま地裁川越支部に提訴。

16年12月、市と少年3人に対し、介護費用など計約1億4800万円の支払いを命じる判決が出たが、男性側も市もこれを不服として今年1月に東京高裁に控訴していた。

今月5日、高裁で和解最終案が示され、市は遅延損害金を含めた1億9740万円の支払いを決めた。

市教委の福島正美・学校教育部長は「原告の金銭的、精神的な負担を考えると、訴訟を長引かせるのは望ましくない。互いに譲り合って和解することにした」としている。

続きは以下ソース
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170628-OYT1T50107.html?from=ytop_main8

299: 名無しさん@1周年 2017/06/29(木) 00:23:10.32
これは払ってやれよ

115: 名無しさん@1周年 2017/06/28(水) 23:31:36.40
いじめた少年3人は痛くもかゆくもないのか

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498658735/


続きを読む

Source: girlsvip-matome.com

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA