変化を恐れるのは、時間とエネルギーのムダづかい

ストア哲学の英知に触れ、その豊かな知恵を日々の生活に役立てる術を探るシリーズにようこそ。今回の題材は、マルクス・アウレリウスの『自省録』です。アウレリウスの主張によれば、変化とは、この世界に存在するすべての本質的な要素です。変化に不安を抱いている者はいないだろうか?では聞くが、変化なくして、いったい何が生じるというのだろうか?そして、宇宙の自然にとって、変化よりも愛すべき親しみ深いものがあるだろう
Source: ライフハッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA