「泣くのはやめなさい」の代わりに、子どもにかけたい言葉

子どもには、泣く理由が山ほどあります。余裕がないときには「泣くのはやめなさい」と言ってしまいがちですが、子どもも彼らなりの感情を持っています。たとえ私たちがくだらないと思うようなことで泣いていても、共感し、感情をコントロールすることを教えるのが私たちの仕事なのです。
Source: ライフハッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA