【こわE】まぶたの腫れと痛みを訴えて眼科医を受診した女性、まぶたの内側から28年前に装着したアレが見つかる・・・

allergy_kosuru_me_woman_kafun

1: 記憶たどり。 ★ 2018/08/16(木) 10:32:33.57 _USER9.net
ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-35124114-cnn-int

まぶたの腫れと痛みを訴えて眼科医を受診した女性が、嚢胞(のうほう)と診断されて手術を受けたところ、28年前に装着していたハードコンタクトレンズがまぶたの内側から見つかった――。
そんな症例がこのほど医学誌に発表された。

患者は英国の42歳の女性で、左の眉の下に豆粒大のしこりができ、半年の間に大きくなって触れると痛みを伴うようになった。左まぶたが垂れ下がる症状も現れたため、眼科医を受診した。

医師が上まぶたの内側の水疱の中から発見したのは硬質ガス透過性コンタクトレンズで、発見時は無傷だった。
組織がレンズを完全に覆って閉じ込めた状態だったと思われる。しかし取り出す途中でひびが入って一部が欠け落ちた。

母親の記憶によると、女性は14歳の時、バドミントンをしていて羽根が左目に当たったことがあった。
当時女性はハードコンタクトレンズを装着していたが、けがをした左目の中にレンズは見つからなかった。
目のけがはすぐに回復したことから、レンズは目から落ちて紛失したと思っていたという。

この事故の後、女性がハードレンズを使ったことはなかった。

身体がレンズを異物として組織で覆ってしまう症例は、少数ながら過去にも報告されている。

6: 名無しさん@1周年 2018/08/16(木) 10:36:36.90
とりだしたのは……
石の棒だったのだ!

2: 名無しさん@1周年 2018/08/16(木) 10:33:19.91
こわ

23: 名無しさん@1周年 2018/08/16(木) 10:46:39.11
怖くて胸がゾワゾワした


続きを読む

Source: girlsvip-matome.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA