【朗報】児童虐待防止「もう耐えられない」タレントら要望書提出

awXhnbHdUaqv2Yb

1: みつを ★ 2018/07/10(火) 19:19:24.71 _USER9.net

ソース

https://mainichi.jp/articles/20180711/k00/00m/040/030000c

 エッセイストの犬山紙子さんやタレントの真鍋かをりさんらが10日、厚生労働省を訪れ、児童虐待防止に向け、児童相談所の体制強化や無料通信アプリ「LINE(ライン)」での相談窓口の設置を求める要望書と、インターネットで集めた約5000人のメッセージを提出した。受け取った牧原秀樹副厚労相は「同じ気持ちだ」と述べた。

 犬山氏は提出後、取材に応じ「もう目をそらすことに耐えられない。できることから始めた」と話し、真鍋さんは「みんなの声を形にして、今度こそ変える。今しかない」と訴えた。 

 要望書提出には、ミュージシャンの坂本美雨さんら3人も参加。いずれも子育て中で、東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5)が虐待されて死亡した事件にショックを受け、ツイッターで「#こどものいのちはこどものもの」というハッシュタグ(検索目印)を使って、児童虐待への意見を集める活動を展開している。(共同)

no title

89: 名無しさん@1周年 2018/07/10(火) 19:39:43.04
児相も法を破ってまで助ける気はないもんな

27: 名無しさん@1周年 2018/07/10(火) 19:27:10.17
芸能人がやると注目されやすい利点と胡散臭くなる欠点と両方ある。
この活動は良いと思うけど。


続きを読む

Source: girlsvip-matome.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA